顔を計14針縫いました。

だいじょうぶ、事故じゃないですから。 ましてや「 お直し 」でもありません。

大分前からあった両目の近くのハレモノが何だか硬くなってきて、コンタクト入れるのにも支障が出てきたんで、思い切って病院に…。 悪性じゃないけど、取りましょうってことになって、上下2回に分けて軽く手術です。

でも普通「 顔 」だったらレーザーかなんかやと思うじゃないですか。 それがね…。

医者  『 レーザー、壊れてるんですよ。』
キャデ『 は…? じゃあどうやるんですか?』
医者  『 メスで切除です。』
キャデ『 えーと、切って縫うんですか?』
医者  『 はい。切ったら縫いますね。』

…色んな事考えそうになりましたが、なんだかんだ考えるのも面倒なので、イベントに重ならないこの時期にサクッと済ませることにしました。

麻酔してるとはいえ、やっぱり「 切られてる感 」はあるもんで…。 どんなことになってるんか気にはなるけど、場所が場所だけにメスさばきを見ることもできず、30分ほどで切除完了~。
…鏡見せてもらって吹きそうになったわ。 マンガであるやないですか、サンマの骨みたいな傷跡。 ブラックジャックとかハーロックとかフランケンみたいなアレです。(笑)

しばらくして麻酔が切れたら、痛いわ、腫れるわで散々でした。 でももっと散々だったのが、会う人会う人に驚かれて心配されて、その度に 「 いや、これはね…」 と説明せなアカンかったこと。 いっそのこと額に 「 心配無用 」と書いたろかと思いました。

そんなこんなで、2週間かけて無事に上下切り終わって、抜糸も完了。 ( 半年後に、もう一か所切るそうですが…) まばたきする時の異物感は無くなってさっぱりしました。 傷跡は残るだろうけどね、顔に執着もないんでもういいや。  『 ケンカ!?』 …という声が一番多かったのは予想通りです。(笑)


抜糸直前の問題画像。
↓↓

kizu_120703_08420001
えーと…。 傷は女の勲章やね。



● 稽古日誌「新・セカンド稽古日誌・02」はコチラから⇒
  にほんブログ村 演劇ブログへ  にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ