愛媛県ほぼ全部の小学校では5年生になると  「少年自然の家 」 というイベントがあります。
林間学校っちゅうか、プレ・修学旅行っちゅうか…自然の中の宿泊施設で、ハイキングやらカヌーやらキャンプファイアーやらてんこ盛りの2泊3を過ごします。

息子Rも5年生。 先週この自然の家(大三島)で3日間を過ごし、無事生還しました。

彼はなんと、クラス代表の班長という大役を任されました。 見た目はしっかりしてるけど見掛け倒しで、時間は守らない、必ず忘れ物をする、人の話を聞かない…という三重苦の息子R。 それでも何とか任務をこなしたようですが、帰った時は体力よりも気力が底をついて気の毒なくらいヘロヘロでした。

ま~、さぞ神経すり減ったやろね。(笑)

ヘロヘロで要領を得ないお土産話しの中で、唯一インパクトがあったのが飯盒炊さん&カレー作り。

息子R 『 カレー作りよったらね、ハエがいっぱい飛んできて、お鍋の中に入るんよ。』
キャデ 『 ちゃんと取った?』
息子R 『 いや~、もう何匹も入ってくるけん、みんな 「そのままでええよね?」って…』
キャデ 『 まさか…』
息子R 『 煮込んだ。』
キャデ 『 それ、食べたん!?』
息子R 『 うん。』
キャデ 『 女子も?』
息子R 『 うん。 おいしかったよ~。』
キャデ 『 食べる時は除けたよね?』
息子R 『 いや~。 煮込んだら溶けたみたい。(笑)』
キャデ 『 ……!!!』(←涙目)

逞しくなったんか、いいかげんになったんか分かりませんが、大自然の中、息子Rは一回り成長したみたいです。 お願い、そういうことにさせて。

★ ここまでについては↑追記をご覧ください。m(__)m

ところで、一日目のお昼にお弁当を持たせなアカンかったんです。
bentodora1_120917_07090001
現地で処分できるように、使い捨ての容器。

bentodora2_120917_0710
フタを閉めたらドラえもん~♪

オマケですが、私の時代にはもう 「少年自然の家」 はありました。 …が、「一日目にぜんそくの発作で現地の病院に運び込まれて強制送還」 という、私にとってはちょっと寂しい思い出です。

待てよ?
もしあそこで帰らなかったら、私も2日目の飯盒炊さんで○○入りのワイルドなカレーを食べるはめになってたのかも…。


●ゆるきゃらグランプリ2012☆今治代表バリィさんに投票よろしくね♪ ⇒「バリィアターック!
●今治のゆる劇団・Kプロも応援よろしくね♪⇒「
稽古日誌はこちら
…と、これはきのうの話。 息子Rが記事を読んで「ぜ~~ったいに訂正しといてよ!」とうるさいので、Rの名誉のために訂正しときます。

飛んできたのは 「ハエ」 ではなくて 「灰」 だったそうです。 聞き違い…。(笑)

でも確かに 「何匹?」 って聞いたんですけどね、私。 まぁ、うちら親子の間ではよくあることですが、お騒がせしました!

今の私の心境…「良かった~♪」 10%、「なんや、おもろない!」90%。