県民文化祭の「セカンド ~高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ~」本番まで一か月を切りました。

通し稽古に入ってやっとお尻に火がついたKプロメンバーです。(まだついてない人も何人か…)
一か月と言っても稽古日数はせいぜい4~5回です。 あはは…。

貴重な通し稽古、休むんじゃないよ~。 休むんならもう永久に休んでもらう。(笑)


daiyaku3_120930_18270002
エキストラ(島の住人役)のかずき、こうき、たつきママも頑張ってます。 彼らの芝居が島の空気を作ってくれるんです。 芝居は久しぶりで最初はぎこちなかったけど、だんだんいい表情に…。

daiyaku2_121008_20150001
キャデラック 「缶ビール開かんがな!」

この缶ビールを開けるタイミングが中々難しくてね。 あ…缶ビールじゃなかった。 さて何でしょう?

daiyaku4_121008_19590001
仕事の関係で、やむを得ず休む役者もいます。 そんな時は出番のない役者や、新人さんたちが代役をするんですが、新人はだいたいこの代役で鍛えられます。 何だかんだ考える間もなく、小難しい役作りなんかをすることもなく、とにかくそこに立って演じないといけない。 周りの役者になるべく息を合わせてね…。 声が小さかったり、あまりに空気が読めてないと、代役と言えども演出からダメ出しが飛びます。

この日は高校生のたつき(一番左)が正樹の代役。 おお~。アラシがちょっと若返った♪

daiyaku5_121013_2304
そしてこの人がスーパー代役の舞台監督恭ちゃん

混乱する私(演出)のために名札をガムテで貼り付けてやね…。 代役する率が一番多いので、いつの間にかキャストのセリフも覚えてしまったようです。「恭子、恐ろしい子…!」

そう、この人の夢は打ち上げの席で『ガラスの仮面』をKプロメンバーで再現することです。
えーと…弘美か翔子が北島マヤで、若が亜弓さん、ホンホンがなんとかいうお嬢様、たつきが桜小路くん、私は…月影先生らしいです。 オーッホッホッホッホ♪


紫のバラの人? ああ、それはね… 

esan_121008_19140001
音響のEさん。

「ガラスの仮面」「紫のバラの人」…なんのこっちゃわからない人はググッてみましょう♪


●【バリィさん★勝手にコラボ】 エントリー大募集♪ ⇒「エントリーしたるわ!」
●ゆるきゃらグランプリ2012☆今治代表バリィさん、投票するならコチラから♪ ⇒「バリィアターック!
●こんなことやってて本番に間に合うのか?⇒「
稽古日誌はこちら