続・みかちゃんねる。

愛媛は今治で活動する劇団『未来演劇Kプロジェクト』主宰、キャデラック・ミカ伝説のブログ「みかちゃんねる」の続編。 劇団の活動&公演情報、コメントしようがない小ネタ、息抜きに息子R(12才)のお弁当とか…。てなわけで、読み逃げ上等!

March 2013

【旧ブログ「みかちゃんねる。」はコチラから→http://kpro.info/blog/

第3回食育フェスタ・キャラ弁コンテスト♪ レポ②

キャラ弁コンテスト、テーマは「甘いもの」。 他のみなさんのお弁当を一挙公開♪
syokuiku_130310_0938
大人の部・準優勝のお弁当です。 いろんなケーキの形のおかずがいっぱい入ってて、めちゃおいしそう♪ この方、午後からのキャラ弁教室の講師でした。

syokuiku_130310_09370002
パンダのお寿司♪ よーく見ると、団子! 巻きずしが団子!

syokuiku_130310_09220001
子どもの部・優勝の作品。 バリィさんに、バンコちゃんに、えーと…キャラがいっぱい。
なんと小2の女の子です…! すげー。(笑)

syokuiku_130310_09220003
こちらは大人作品。 超立体ミッキー&ミニー♪ 
プレートが色違いなんで、おそらく天才小2ちゃんのお母さん。 なるほど…作風が似てる。(笑)

syokuiku_130310_0922
リアルアンパンマン…。 あー、もうこれ! こんなん大好き! いかついおっさん、お父さんの作品です。

今年は14~5作品やったかな~。 子どもの応募が多くて嬉しくなりました。 手作り弁当の日があったり、お弁当コンテストがあったりする最近の小学校。

「今どきの子どもは…」とか言うけどね。 学校でも食育が普及してて、男の子も女の子も調理実習するし(え~、私の時代は女子だけでしたよ!)、家庭でもお母さん働いてて自然とお手伝いするし、私の子どもの頃より今どきの子どもの方がよっぽどまともに料理してると思います…。

さて、そろそろ出さなあきませんね~。 私の地味~なお弁当。 オマケのレポ③でどうぞ♪ どうぞったら♪


●「セカンド(@総合文化祭)」DVDプレゼント企画はコチラです♪ (←残りわずか!)

●朗読劇とダンスのコラボ作品『火神楽~KAGURA~』ついにYoutubeに登場。 花粉除けにどうぞ!

未来演劇Kプロジェクト&あけびJPEスタジオ

第3回食育フェスタ・キャラ弁コンテスト♪ レポ①

syokuiku_130310_1411
知る人ぞ知る「食育の神様」 (笑)。
そう、この時期がやってきました。 今治食育フェスタ、今年でもう3回目。 今回のテーマは『甘いもの』です♪

地元の料理やらバザーやら、食に関するクイズやら、ビンゴ大会、石釜ピザ作り…と、イベント目白押しの楽しい一日ですが、何といってもメインは『キャラ弁コンテスト』。 

今治の数少ない(?)キャラベニストが一堂に集うスペシャルな日です。
去年は劇団員(休団中)の綾乃ちゃんがグランプリ、そして息子Rが特別賞(←子どもで出場したのはRだけやったもんでね♪)という輝かしい記録を残しました。⇒【第2回食育フェスタ 

そして今年の受賞者は……

syokuiku_130310_1435
綾乃ちゃんグランプリV2!! あーんど、息子Rが子どもの部で準優勝!! 
すげー、ダブル受賞です♪
今年から「子どもの部」ができたのはもしかしてRの功績か…?(笑)

syokuiku_130310_0940
息子R作・『バリィさんケーキごはん』
キャラ弁のテーマも「甘いもの」というムチャ振りに、得意のケーキご飯で挑む息子R!
うす焼き卵だけは手伝ったけど、後は一切手出ししてません♪

syokuiku_130310_1426
テレビカメラも入ってて、笑顔がひきつるR。 もちろん本人より私ら外野が大騒ぎ♪

syokuiku_130310_0937
綾乃ちゃん作・タイトル忘れたけど…『キョロちゃん、バリィさん、くまモン、ちっちゃいおっさん』。
相変わらずスバラシイ♪ もしかしてこれは…甘~いキョロちゃんカップルを茂みの中からのぞき見する変態たち(バリィ・クマ・おっさん)なんだろうか!?

syokuiku_130310_14310001
綾乃ちゃんはもう慣れたもんでっせ~。 首にずらした花粉対策のマスクがすでに王者の風格。 来年はキャラ弁講師にと頼まれてました。
You、やっちゃいなよ~♪ キャデラック、手伝うから。 ノーギャラで。(笑)

え? 私? 地味~な弁当で今年も選外よ!! ええやん、楽しけりゃ~。 

さーて、そんな開き直ったキャデラックの地味~な弁当と、他のみなさんの力作はレポ②でお楽しみください♪


●「セカンド(@総合文化祭)」DVDプレゼント企画はコチラです♪ (←残りわずか!)

●朗読劇とダンスのコラボ作品『火神楽~KAGURA~』ついにYoutubeに登場。 花粉除けにどうぞ!

未来演劇Kプロジェクト&あけびJPEスタジオ

Robi制作日誌・1

robi_130305_1914
Vol.1のパーツはこんだけです。 まだドライバー使う段階でもない。
反射テープ(銀のやつね)をシワ作らずにていねいに巻いていく…という作業が何かと大雑把な私には苦痛。

そんで、白眼に黒眼をはめこんで…、


robi_130305_1925
完成!(笑)

作業時間5分。 目玉と頭蓋骨と片耳やね。
しかし、この段階でも既にかわいい…。

オマケについてた5cmくらいのフィギュアはとりあえず息子Rに進呈しました。

次週に続く♪


●「セカンド(@総合文化祭)」DVDプレゼント企画はコチラです♪

●朗読劇とダンスのコラボ作品『火神楽~KAGURA~』ついにYoutubeに登場。 花粉除けにどうぞ!

未来演劇Kプロジェクト&あけびJPEスタジオ

うどんきんちゃく

あったかくなりました。 花粉やら黄砂やらPMなんとかやらにまみれて虫の息のキャデラックです。

…ということで、おでんの季節もそろそろ終わり。 

kintyaku_130227_1931
キャデ家では餅きんちゃくが人気ですが、お餅の代わりにうどんとネギを入れたりもします。

kintyaku_130227_19430001
朝から煮込んだおでんはサイコーやね♪ スジ、こんにゃく、卵、大根、ねりもの…。
餅きんちゃくとうどんきんちゃくは食べる直前に投入。

kintyaku_130227_1945
できれば割らずにひと口でいきたいところです。
オールインワンのきつねうどん感覚でどうぞ♪ うん、うまい。


●「セカンド(@総合文化祭)」DVDプレゼント企画はコチラです♪

●朗読劇とダンスのコラボ作品『火神楽~KAGURA~』ついにYoutubeに登場。 花粉除けにどうぞ!

未来演劇Kプロジェクト&あけびJPEスタジオ




Ro…!

おや? これは…

robi_130302_1841

もしかして…


robi_130302_1842
うわー、やってもうたー!(笑)

息子Rのじゃないです。 私のです。 「アホか」って言わんといてください。 いやね、本屋に行くまでは3か月くらいで完成なんかと思ってたんですよ。

キャデ「あの~、これ何週くらいで終わるんですか?」

店員「70週です。」

キャデ「…は?」

店員「70週です。」
(←ちょっと大きな声で)

70週つーと、ざっくり1年半です。 来年無事かどうかも危うくなってきたキャデラック(レベル48)、いったい自分が何を考えてるのかすら疑問です。
創刊号790円、2回目からは1990円、毎週発行。 …ああっ、計算せんといてください!

とりあえず落ち着こう私。 続かなければやめたっていい。 ルンバ買った方が賢いのは分ってます、分ってますよ。 だがしかし自分の手でロボットを作るという男の夢、えーと…女の夢が叶うじゃないか。 ていうか花粉のせい!?


まだ心の整理がついてませんが、とりあえず整理がついてないまま制作に入ります。


というわけで、来週から始まるかもしれない【Robi・制作日誌】お楽しみに…。


●「セカンド(@総合文化祭)」DVDプレゼント企画はコチラです♪


DVDプレゼント企画!『セカンド ~高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ~』@総合文化祭

DVD_130301_01260002
お待たせしました!
えらいお待たせしてなんのこっちゃ分らんかもしれませんが、去年11月の愛媛県総合文化祭で再演された『セカンド ~高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ~』の完全収録DVDです。 これ見て思い出して♪⇒

これは同年1月に今治で上演した未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演の改訂版。 改訂…というよりは完全版と言った方がいいでしょう。 キャストも若干名変わり、脚本・構成も変わりました。 役者も、スタッフも、完全燃焼した舞台です。 愛媛県の数百人のお客さんの前でしか上演できなかったのがちょっと残念…。

そこで、このDVDを「みかちゃんねる。」をご覧のみなさまにやね…というか、「観たい!」とおっしゃる方々に、どどんとプレゼントいたします。

え? 本気よ♪(笑)

劇団の単独公演じゃないんで、もちろん料金は頂きません。 撮影⇒編集⇒DVD作成はもちろんうちのスタッフですが、愛媛県の主催なもんで…。

「お芝居に興味があるの~」
「Kプロってどんな舞台なん?」
「タダなら♪」
「彼氏いないから時間があり余ってるんです…」
「動くキャデが見てみたい♪」

とかね。 ちょっと欲しいな…と思った方は劇団までメール下さい♪ ( info@kpro.info )
折り返しご連絡さしあげます。 3日経っても返信がない場合はこの記事にレス付けてくださいね。 花粉と闘いながらお待ちしてます。


↓↓以下、余談。

「セカンド」は本当にいわく付きの作品で、長い稽古期間中(本番直前にも)に本当にいろいろありました。 半年後の総合文化祭での再演にあたって、極力変更せずに掘り下げるという方法もありました。 でも、更にキャストの変更、そして部分的だけどかなりの改稿を行った手荒な演出…が私です。

結果、大きく意味合いの変わったラストシーン。 観る側の解釈と好みにゆだねるしかないんですが、個人的にはこれで正解やと思います。
当初のまま無事に本公演が終わってたら、この改稿はなかった。 役者のトラブルや、キャスト変更や、みんなの葛藤や、正樹の怪我やら、悔しい思いがあってやっとたどり着いた完成形です。

逆に言えば、何事もなく上演にこぎ付けてたら、大事に磨き上げた別の完成形があったはず。
それは今どんなに見たくても、演出の私自身でも見る事はできない。
どんな形に出来上がるかは、長い稽古期間の出来事や配役によって予想がつかない場合がある。

だから舞台はやめらない。 稚拙ながらも創作脚本&演出ならではの醍醐味です。 既成作品では、ある程度の成功は約束されているけど、この「危なっかしい醍醐味」は半減するのかもしれません…。

livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ