続・みかちゃんねる。

愛媛は今治で活動する劇団『未来演劇Kプロジェクト』主宰、キャデラック・ミカ伝説のブログ「みかちゃんねる」の続編。 劇団の活動&公演情報、コメントしようがない小ネタ、息抜きに息子R(12才)のお弁当とか…。てなわけで、読み逃げ上等!

May 2013

【旧ブログ「みかちゃんねる。」はコチラから→http://kpro.info/blog/

Robi 制作日誌・08

robi8_130424_2028
『週刊 Robi』vol.8です。
ジュニア公演のため記事がおっついてませんが、順調です♪

robi8_130424_2030
今号のパーツは、2個目のサーボ・モーター。 それと、どことなくアトムっぽい形の赤い円盤。 これは側頭部、耳の部分のカバーになります。

robi8_130424_20550001
テストボードでIDを設定します。 前回、首を動かしたサーボのケーブルを抜いて、今回のサーボを繋いで…。

robi8_130424_21000001
ID「17」に設定します。 えーと…「17個目の関節」って感じやね。 このモーターが各パーツを動かしてくれます。

どこの関節かというと…

robi8_130424_2111
右腕♪ これ、左右間違えて置いてますが、右腕の肘から先を動かすモーターです。
こんな感じで、ちょっとずつ「動く」部品が増えてくると、ゆるやか~にテンション上がってくるね…。(笑)

ほんじゃ、今日はここまで♪


●ジュニア公演・舞台写真はコチラから♪⇒舞台写真・A組】 【舞台写真・B組】 【舞台写真・カーテンコールetc.

遠足べんとう、そして職業適性検査

bento_130501_0716
『こいのぼり弁当』
すっかりお忘れのことと思いますが、主婦です。母です。え~と… 一日の2割くらいは主婦業に割いているつもりですが、周囲の評価が伴わないのはなぜだ。

息子Rが6年生になって最初の遠足は、市内の端っこの国分寺というお寺。 早足で往復3時間やったそうです。 いや、アスリート養成する学校じゃありませんよ…。

まだまだこんなお弁当を喜んでくれますが、さすがに来年からは「こいのぼり」とか「パンダ」とかはNGと思われます。 (面白そうだからやってみようかと思ってるのは秘密…)

おにぎり:お寿司の素(緑)、カニカマ、海苔、チーズ
おかず:牛肉の甘辛いため、かぼちゃの煮つけ、アスパラ


ところで、この年度末はアホみたいに泣きました。 年取ると涙腺がもろくなってくるもんでね。 ジュニアのラスト稽古~打ち上げまで、「泣いた」というよりは「泣かされた」感があります。 毎年誰かは卒業したり辞めていったりするもんですが、今回は古いメンバーが4人いっぺんに巣立つというメガパンチ。 小3のちょろちょろしてた子ザルみたいなのが、卒業時は4人とも私より背が高くなってました。(笑)

ふと高校の時に受けた「職業適性検査」を思い出してね。 当時、教師に向いてると判定されました。 ガッコーの先生からも(←悪いことしてた割には)「大学で教員免許取れよ!」と、言われ続けて、結局4年間で取ったのはバイクの免許。(笑)

もちろん、教師なんてなれるともなりたいとも思ってなかったあの頃ですが…。

最近、あらためて教師にならなくて良かったと思います。 毎年毎年、卒業式の度にこんな思いするんなら涙腺がナンボあっても足りませんがな。(笑)


●ジュニア公演・舞台写真はコチラから♪⇒舞台写真・A組】 【舞台写真・B組】 【舞台写真・カーテンコールetc.

「はじまりのメルカード」 公演レポ・裏方~完結編

sinbun_130427_15400001
ありがたいことに今回の公演は、愛媛新聞さんにかなり大きい記事で取り上げていただきました。 カラーです♪ そしてあのキモチワルイくらい細い腕は…まぎれもなく息子R。(笑)

miokuri_130428_1909
現在のジュニアは、Rの通うH小学校生が多いんです。(他の学校からの入団者求む!w)
H小のメンバーと、卒業生に囲まれてる優しげな方は校長先生! ジュニア公演や朗読コンサート…息子Rたちが出演する公演には、スケジュールが許す限り駆けつけて下さいます。 みんな校長先生大好き♪

miokuri_130428_1512
姉ちゃんの応援に来てくれた、美月妹・Mちゃん。 姉ちゃんのカッコよさに驚いたか?
実は一緒に見に来てた2番目の妹・友子ちゃんが、この公演後、「私もやりたい!」と言ってきました。 晴れて5月からジュニア団員です♪ なんかこうやって広がっていくのってエエね…。

miokuri_130428_19100001
A・Bカーリーの真帆とまいな。 二人ともダンスが得意やから”踊り子”に抜擢したんですが、つかみどころのない難しい役を彼女らなりに魅力的に演じてくれました。

utiage_130428_2135
本番終了後は、打ち上げ会場になだれ込み~。 しゃべる、しゃべる、食う、しゃべる、泣く、笑う、食う、食う、しゃべる(笑)…で、あっという間に時間は過ぎます。

utiage_130428_21490001
そして最後はこの4人の”卒業式”。
右から早紀、舞南(まいな)、真帆の3人はジュニア創立メンバー。 中三になって、これから受験に突入です。
一番左の未桜(みお)は2年目からの入団。 中学に入って、部活で全く時間が取れなくなり、泣く泣く退団を決意しました。 みおは最後ずーっと泣いてた。 本当は部活も劇団も両方したいんよね。 分かるよ…。「もう、そんなに泣くんなら部活やめてウチに残れ!」 と言いたいところでしたが(笑)、中学の三年間、同じ目的を持つ仲間と一緒にヘトヘトになるまで頑張る日々も、きっと彼女にとって必要なんです。

家に帰って、まいなからの手紙を読んで、また泣かされました。 ここに書くのは恥ずかしいほど嬉しい言葉が書いてありました。


よし! キャデラック(レベル48・腰痛持ち)、まだまだ引退せーへんよー!
この4人も、今まで卒業したみんなも、これから卒業するみんなも、いつかまた舞台に立ちたくなったらいつでも帰っておいで。 Kプロもジュニアも、ここ(今治)にずーっとあるから。


…あれ? なんや決意表明みたいになってきたので、以上でレポ終わりま~す。 お付き合いありがとうございました♪


●舞台写真はコチラから♪⇒舞台写真・A組】 【舞台写真・B組】 【舞台写真・カーテンコールetc.

「はじまりのメルカード」 公演レポ・裏方~小道具編

harigami_0319
舞台そでには舞台監督手書きの貼り紙が…。 右のスケジュールを見て分かる通り、時間的にキツキツでした。 今年は会場が半日少ない日程しか押さえられなかったんで、スタッフの会場入りは前日の夕方からでした。 時間との勝負、役者よりキツイ裏方…。

私はというと…役者と何か月もかけて作った芝居は、本番当日は演出の手を離れて、スタッフにゆだねます。 むしろ演出が開演前の舞台裏をウロウロしてると粗大ゴミ扱いされかねないので、とっとと客席の音響ブースに座って本番を待ちます。(笑)

今回の舞台では、小道具の正樹ちゃんの技が光りました。  ほとんど彼の手作りです。

kodougu_0045
「メルカード」本公演、朗読コンサート、ジュニアと、3回も出番をこなした「月光の鏡」。 使い込んだ感が出てきたね~。

kodougu_130428_12470001
薬屋ソルの「おくすりセット」。 薬草を煮るナベやら、怪しい薬ビンやら…。 後ろにあるのは、背中に担ぐ箱。 まー、富山の薬売りを想像していただければ…(笑)

kodougu_130428_1246
まー、きゃわいい♪ (ここで「きゃわたん♪」と言わないのは社会に対するせめてもの抵抗やね)
ニコの飴。 ビー玉とか、紙粘土丸めて作ってます。

kodougu_0703
笛吹きのシータの笛も手作り! ちゃんと穴が開いてます。 ひとみのがピンクで、美月のがブルー♪

シータの笛と言えば、もう一人、縁の下の力持ちが…。

furu-to_121223_1527
あの笛の音は、友だちのフルート奏者の演奏を録音したんですよ。 録音は真冬、練習が始まって間もないころに、極寒の倉庫で行われました。 ありがとうね~♪


明日こそ打ち上げ編突入…か?



●舞台写真はコチラから♪⇒舞台写真・A組】 【舞台写真・B組】 【舞台写真・カーテンコールetc.

「はじまりのメルカード」 公演レポ・B組

b_0606
さて、こちらは18:00開演のB組。
あえてA組と同じシーンの画像を貼ってみました。 見た目だけじゃなくて、役者の違いで作品の色というか匂いが全然違うんです。 演出しててもほんと面白かった♪

勢いのB組…。 これはオルガ役のゆめの個性によるところが大きいです。 最初は足並み揃えるのが大変だったけど、芝居(役)がそれぞれの中に入ってからの追い込みが素晴らしかった。
A組と違って、ソルがリアル男の子(息子R)で、やりにくそうだったニコ役のちひろ。 それでも予想通り、リアルな男の子と女の子でしか表現できない、ちょっとほろ苦い空気を作ることができました。

b_0705
そして明らかに舞台の「色」を左右するのは、踊り子のカーリー&笛吹きのシータ姉妹。 A組まいなは清楚でミステリアスな感じ。 対して、B組の真帆は無邪気で華やかです。

シータはA(美月)、B(ひとみ)二人とも、びっくりするくらい良かった。 途中、姉妹のシーンが変わったり増えたりしたのは彼女たちのおかげです。 こんな風に、役者が脚本を(作品を)進化させるのは珍しいことではないです。


ジュニア公演も5回目…。 子どもたちの成長に連れて、芝居のレベルも年々上がってきました。 ということは、当然演出の目指すところもレベルが高くなってきたわけです。 今でこそ言えるけど、第一回目の公演なんかは「ここでちゃんとセリフ言って…」「もう一歩前に出て…」みたいな感じやったんです。(笑)
それが今回は、細かい心の動きから、それぞれの役のバックグラウンドや、間(ま)の使い方…ベテラン陣はかなり叩きました。 さすがに初心者組には、そこまで演出つける余裕はなかったけど、ま~来年はあんたたちの番でっせ♪

来年はどっち向いていくのか、そもそも「来年」はあるのか(←!?)、ジュニア立ち上げ当時は全てが試行錯誤(…という名の行き当たりばったり)でね。 でも、2年目くらいからぼんやりと目標ができました。

「大人の鑑賞に堪えうる舞台を作る。」

子どもがやってるんだから、まぁ、あったかい目で見てあげようよ…じゃなくて、大人が見ても面白いと思える芝居を、ジュニア劇団で作りたい。 出演者の家族や友だち以外にも感動してもらえる舞台を作りたい。

5年目にして、やっと目標に近づいた気がします。(笑)


さーて、ジュニアと言えども、打ち上げはどっか~んと派手にやらなアカンね。 あと一回、「公演レポ・打ち上げ編」お付き合いください♪


●舞台写真はコチラから♪⇒舞台写真・A組】 【舞台写真・B組】 【舞台写真・カーテンコールetc.

「はじまりのメルカード」 公演レポ・A組

a_0218
14:00開演のA組です♪
先に上演する方は緊張する…と思うかもしれませんが、本番済ませたら、あとは気楽にB組を見守るだけ~というメリットがあります。

ちょっと走ってたけど、初舞台組が3人もいるグループで、ベテランのまいな・さき・あねらが落ち着いて自分の芝居ができました。 えりか・けんたの年少コンビ…稽古中はよくケンカしたけど(笑)、舞台に溶け込んでのびのびと演じられました。

A組は本番前の通し稽古で、トラブルがあってね~。 ほんとどうなることかと思ったけど、とことん話し合って最後はガッチリまとまった感があります。 言い合いやトラブルがあるということは、自分の意志がはっきりしてる子が多いって証拠やからね。

a_0203
ラストシーンも何回も何回もダメ出しされて(よくがんばった!)、明るくて勢いのあるシーンになりました♪

お客様アンケートでは、おほめの言葉をたくさん頂きました! 出演者の家族だけでなく、一般の人もたくさん来てくれてました。 

…が。 

やっぱりお客様は少ないんです。(笑) Kプロの方もやっとこさウン100人単位で動員できるようになったばっかりですが、まだまだ「子どもの芝居」というと、学芸会・発表会といったイメージしかないのかもしれません。

あるお客様がアンケートに書かれてました。
『…感動しました! 観客が少ないのが不思議でなりません。』


私にもさっぱり分りません。(笑)


次回はB組レポいくでー♪


●舞台写真はコチラから♪⇒舞台写真・A組】 【舞台写真・B組】 【舞台写真・カーテンコールetc.
(A・B見比べてみると面白いです)

「はじまりのメルカード」 舞台写真できました♪

レポの前にご覧ください♪

どんなにいい舞台だったかはみんなの「顔」で分かるはず…。 ええから見ろってば。(笑)


● 「はじまりのメルカード」舞台画像・A組

● 「はじまりのメルカード」舞台画像・B組

● 「はじまりのメルカード」舞台画像・カーテンコールetc.


livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ