え~。 第6回今治総合芸能祭、満員御礼&大成功のうちに無事終了しました♪

私らKプロの朗読劇とあけびJPEスタジオさんのダンスとのコラボ作品『火神楽~KAGURA~』、何というか、予想以上に好評やったみたいです。 総勢40人が舞台の上で大暴れするという無茶な企画でしたが、決して「数の勝利」だったり「力技だけ」だったりじゃなかったはず。

本格的に稽古に入ったのが県の「セカンド」が終わった11月下旬…。 何度もお互いの稽古場を訪れて、圧倒されたり、頭を抱えたり、お尻に火がついたり、やる気が爆発したり、…二団体のトップもメンバーもスタッフも全員が汗だくになって作り上げた感じです。

当初のKプロの目標は…埋もれないこと。 たった5人の役者で声を演じ、35人のダンサーが時にシンクロし、時にせめぎ合う。 もうオーラ全開、出すモノ全部出さないと「埋もれる」どころか消えてしまいます。

そんな情けないことにはならないよう頑張ったつもりですが…。

kagurasyugou_130203_14330002
↑↑完全に埋もれとるがな。(笑)

いやいや…。 最初はうまく意思の疎通ができず、お互いを様子見してた感じでした。 でも合同練習で実際にやってみると、最初はかみ合わなかったものがだんだんと一つの世界観の中に融合していく手ごたえがありました。

これは私も、あけび先生も同じように感じたこと。

両方が歩み寄って、ボールを投げ合って、私らにできる最高のものを作ろうと、無意識のうちに心が繋がっていくような感覚でした。 もう「埋もれる・埋もれない」とかどうでもええ、Kプロとあけびにしか作れない作品で、観客だけやなくて、出演する他のグループも釘づけにするつもりで本番の舞台に立ちました。

ほんっ……と楽しかったわ~!

まーね、本番ならではのアクシデントはあったけどね。 セリフ間違いかけたりとか、小道具(布)の扱い失敗したりとか、マイク音量が小さい気がして前にのめったり、動きにアドリブ入れたり、セリフの言い回し変えたり…。 誰がて、ほぼ私です。(笑)

もうすぐYoutubeにアップするから一目瞭然やと思いますが、BGMとSE(効果音)にセリフをぴったり合わせなアカンのです。 役者もダンスパートがあるんで、朗読のはずが台本は持たずに15分間ノンストップです。 セリフ忘れるのは論外、噛んで言い直したりすると1秒のロスがとんでもないことになるという恐ろしい舞台でした。(笑)

nosimasyugou_130203_1510
恐ろしい舞台に立つ前のKプロと、出番が終わって能天気モードの能島水軍太鼓のみんな♪


●『火神楽』 本番日誌あげました!⇒