"Sydney twilight"
aus20DSCN3607
最後は夕暮れのシドニーで…。

大きなトラブルもなく、息子Rの初海外となったオーストラリア、「今治市小中学生海外派遣事業」は無事終了しました。 …なんというかですね、最初は「まじで!?」 「いつの間に応募したん!?」 「ほぼ無料でオーストラリア!?(今治の大企業・日本食研さんの全額負担)」 「ラッキーや~ん!」…と、ものすごくお気楽に考えてたバカ親・キャデラックですが、息子の一言で目が覚めました。

「Rは真剣なんよ。 遊びに行くんやないんよ。」

たまたまRの小学校では息子Rが派遣生に選ばれました。 でも当然ながら選ばれなかった子もたくさんいる。 海外の文化や英語力を身に付けるために、Rよりも切実に研修を望んでいた子もいるはず。 5年生から中学卒業までチャレンジしたけどダメだった子がいるかもしれない。…たくさんの人の色んな想いを背負っての20人です。
引率の先生方、準備に駆けずり回った保護者たちの労力を無駄にはできない10日間です。

コーラス部県大会、海洋少年団全国大会、塾、ダンス発表会…修行僧みたいな夏休みのスケジュールをこなし、何度も研修説明会&勉強会に参加し、約束通り出発の日の朝に夏休みの宿題を終わらせ、ストレスでアトピーが悪化したままオーストラリアに飛んでった息子R。

本当はふらふらだったに違いないけど、帰国後の研究発表会や、各方面へのお礼の手紙も手を抜かずにやりきったみたいです。( 私が教えたのは、いかに荷物を減らすか…のみ)

小声で言わせて下さい。 「自慢の息子です。」


さーて、そんな息子Rを支えたエネルギー源といえば…、

"dishes of Australia"
aus20DSCN3372
「肉!」

aus20DSCN3431
「肉!!」


aus20DSCN3375
「中身、ステーキ肉!」


aus20DSCF0158
「そして肉を待ち…」

aus20DSCN3470
「肉!!」

aus20DSCN3359
「肉っ!!!」


aus22DSCF1010
そんな肉食の10日間を駆け抜けた息子R。 ちょっとは逞しくなったんかな?

aus20k92
…おっと、家にも肉。 お土産のカンガルー・ジャーキー♪

中断したうえ、長くなってしまいましたが、息子Rの海外派遣inオーストラリア、これにてレポ終了です。
最後までお付き合いありがとうございました~。

さ、ロビ作ろっと♪


●「海響 kaikyou Ⅳ」の舞台写真はコチラから
  ↓↓↓
Stage pfotos 1】…「私は幸せです」
Stage photos 2】…「HAYABUSA ~光の海へ~」
Stage pfotos 3】…「セルヴォー」
Stage photos 4】…「火神楽 kagura ①」
Stage photos 5】…「火神楽 kagura ②」