やっぱりこの季節ですね。 待ち遠しかったような、もうちょっとゆっくり時間が経ってほしかったような…。 画像がいっぱいありますが、少々お付き合いください。(笑)

sotu1
 息子Rが6年間通ったH小学校の卒業式は、快晴、春爛漫、花粉爛漫の、とっても暖かい一日になりました。

直前でインフルエンザに襲われたH小学校、学級閉鎖の学年があり、金曜日の段階で6年生も3分の1が休んでるクラスもあって、かなり欠席者がいるんじゃないかと、誰もが心配していました。

…が。

卒業生、全員出席!

(ほんとはアカンのかもしれませんが)熱が下がったばっかりの子もいるはず。 いや、何人か途中で座り込んだ子もいました。それでも全員そろって卒業式に出たいという、子どもたちの気迫みたいなものが感じられました。
そんな空気の中で響く全員の歌声…「仰げば尊し」「旅立ちの日に」「蛍の光」。 我が子の晴れ姿云々より、ただ子どもたちの気持ちに圧倒されて少し涙がにじんだのかもしれません。

sotu2
卒業証書を授与されて、厳粛な足取りで退場するRたち卒業生。 眠たそうなだけにも見えます。

sotu5
は~い、式が終わると教室に帰って、担任のK先生がギター片手に熱唱!!
曲はもちろん「あの鐘を鳴らすのはあなた」。 …いや何でか知らないんですが、「K先生に受け持ってもらったら、この歌を教室で聴けるよ♪」という噂を聞いてて、ごっつ楽しみにしてました。

「あの鐘をならすのは…」 今は歌詞の意図が深いところまで分からないかもしれないけど、いつか思い出して欲しいね~。 改めて聞くとホントにいい歌でした。

K先生が弾いてるギターはもちろん先生の私物。 しかも教室にいつも置いてあって、誰でも自由に触って(弾いて)いいそうです。 チューニング大変やろなぁ…。
そういえば、災害時の引き渡し訓練でRが最後になってしまった時も、がらーんとした教室で先生がギター弾いてくれてました。

sotu3
インフルはやり始めてから卒業式当日まで全員そろうことのなかった6年4組。 フルメンバーで写真が撮れてよかったね♪

sotu6
ね♪

sotu10
ね♪  忘れ物や忘れ物とか忘れ物だったり毎日が忘れ物で、本当にお世話になりました!

sotu11
Rの制服、袖がもうアウト丈。 私のワンピの裾もアウト丈!

sotu12
クラスメートのお母さんにしてKプロ団員のみーちゃんと。 私たちも卒業しました♪ ウン十年前に!

sotu15
学校からの記念品とは別に、先生からのプレゼント。 低学年からの写真が5枚と、メッセージカードが…。

「それにしても、実にいろいろなことに挑戦し続けた小学校生活でしたね。 支えて下さった人たちに感謝しつつ、さて、今後のRさんは中学校でどのようなステージに立つのでしょうか。 活躍を期待しています!」

先生、次のステージは4月13日のジュニア公演です。(笑)

いざ、さらば…。

● ジュニア公演「さよなら魔法使い。」稽古日誌はコチラ⇒