botan81
はーい、Kプロはお手伝いに徹しました。 大道具&小道具補佐(?)の正樹。 そして音響の息子R。

…と、ここで事件発生。

吹奏楽部の大会メンバーに入ってるR、部活終わりで駆けつけることになってたんですが…来ない。
開演準備整っても来ない!

大会前で顧問の先生のテンションもマックスに上がり、時間が異常に伸びてる様子です。

こっちは危機感マックス!

部活終わりですぐにRを運べるよう、車で待機してくれてる団員のみーちゃんからも 「学校からまだ出てきません!」 という電話が…。

もう息子Rの到着は諦めて、「ラジカセ」の使える恭ちゃんが台本見ながら何とかやってみることに…したと思ったらR到着!(笑)

開場寸前で滑り込みセーフでした♪

botan6
そんなこんなで色々あったジュニア上演会。新人の子たちにはいい初舞台になったと思いますが、もう一つ大きな意味を持つ公演でもありました。

最後の第一期生、山本彩空(あねら)の卒業です。

今でこそ「あねら」といえば「あねら」ですが、最初電話で申し込みを受けた時は二度聞き返しました。 「あ・ね・ら…? あねらちゃんですか? えーと、どんな漢字を…」

今となってはそんな笑い話も何もかも愛しいです。

botan99
抱っこしてるのは、わざわざ松山から観に来てくれたりんちゃんの赤ちゃん、Yちゃん。

また受験が終わったらその笑顔で戻っておいで♪

botan98
さー、これからもがんばるよっ!!

by 劇団KプロJr.